ファスナーの修理

バッグが壊れてしまった際に具体的にどこが壊れてしまったのかと聞くと多くの人はファスナーだという人はけっこう多いのではないかとおもいます。大事な荷物を保護するためにはファスナーは必要不可欠ですから、ここが壊れてしまっては一大事です。

ファスナーの修理には大きく3つあります。1つはスライダーの交換です。スライダーはファスナーの引き手の部分になります。スライダーだけを交換する場合は、テープやエレメントが痛まずに開閉する金具だけに問題があるという場合や、スライダの引き手だけが取れてしまったという場合が当てはまります。2つ目はファスナーごと取り替えてしまうことです。

これは、スライダーを取り替えるだけでは済まない状態(テープやエレメントがかなり痛んでしまっている状態など)である場合に行われます。またこれを機会に、別の素材のファスナーに変えるという人も中にはいますね。当然、1つ目よりもお値段は上がります。最後は、ファスナーを補修することです。取り替えるというまでは行かなくても、今のままでは使えないことはあります。コイルの切れた部分を当て布と前止めで補修したり、コイルのステッチ補修を行うといった方法があります。