留め具・金具

バッグを修理してもらう時にどの部分を直してもらうかということでファスナー以外では留め具・金具の部分に対して問題が起きてしまっているということはとても多いのではないかとおもいます。金具というのはマグネット、バックル、錠前、ベルトなどが相当します。

これらが壊れてしまってもファスナー同様、バッグの中身を保護するというバッグの大きな役割が大きく損なわれてしまいますから、お気に入りのバッグであれば直してもらえるのなら直してもらいたいですよね。それも、多くのバッグ修理を行っている業者で可能となっています。例えば、すっかり壊れてしまった錠前を交換することで閉まるようになったといったものがあります。

留め具や金具はバッグによって様々な形が存在しています。一口に留め具といっても差し込みタイプやダイヤルタイプなど様々なものが存在していますからね。ですが、多くのバッグ修理業者は色んなタイプの金具に対応しています。類似している形の錠前に交換してもらえることは十分に可能です。なので、少しでも元の状態に近い形に直してもらいたいのなら、壊れてしまった金具はきちんと保管しておいた方がいいです。小さいものも多いのでなくしやすいですから注意しましょう。