バッグ修理の必要な部分は?

お気に入りのバッグが壊れてしまったらあなたはどうしますか?

寂しいし悲しいけど捨ててしまうというという人も多いと思います。しかし、ちゃんと必要な部分さえ揃っていれば、壊れてしまったバッグは修理してもらって、また使えるようにしてもらうことが十分に可能です。では、必要な部分とは具体的にはどのパーツになるのでしょうか?

特に多い直すべき部分はファスナー及びファスナーを開閉するためのつまみや一通りの留め具や金具等が当たります。他にも、引き手革やショルダーストラップ、ハンドル、解れた部分の縫い直しと言ったものも修理の必要な部分になりますし、取り扱ってくれる業者は多いです。また、修理屋さんによっては、擦り切れてしまったバッグの角の部分(パイピングやバインダー)の部分的な修繕が出来たり、内袋を交換(張替え)してくれたりします。

ここまでくると修理とはいえ新品同様に綺麗になってしまうでしょうね。一口にバッグ修理といってもたくさんの種類があって、様々な方法でお客様を満足させてくれるようにしてくれているということは確かです。お気に入りのバッグがまた使用できるような綺麗な状態に戻ったらとても嬉しいですよね。ですから、直せる部分は是非直してもらって、大好きなバッグを少しでも長く、大事に使ってあげましょう!今回はファスナー、留め具を中心に話します。